レン鯖広告

RimTips4シーズン生き抜くためのTipsMOD紹介


免責
はじめに

Rimworldを始めたのはいいけど、一年持たずにコロニーが崩壊する人への説明。
かなり私的な意見が含まれているので、他プレイヤーの感想と相違があるとは思う。
現在はVer1.0(製品版)基準。

何百時間やっていても事故で入植者が死んだりコロニーが半壊することは多い。
大抵は人災(初動の遅れや、開けられた防壁の穴の塞ぎ忘れなど)が要因の一つなのだが、
稀にどうしようもない(コロニー防壁外での作業中の人狩りやサイコウェーブ)で
無慈悲に入植者が死亡してしまう事もある。
その場合は気を強く持つか、大人しく最近の記録からロードする事。
ロードは甘えと呼ぶプレイヤーも多いが、"前回の反省を踏まえた改善"で困難を乗り切る事はとても大切なことだと思っている。



リプレイから見る要点箇所

概要
簡易的リプレイを見ながら要点を説明していく。

リプレイ
難易度・ストーリーテラー

・難易度は一番メジャーな墜落三人シナリオ・難易度ミディアムAIカサンドラを選択。
難易度・ストーリーテラーはゲーム中に変更可能なので自分に合わせて調整する事。

一人降下は病気などで一発死亡ツモの危険があるうえ、資材潤沢なせいで地味に襲撃が強い弊害がある。
蛮族スタートは研究速度に恐ろしいほどのペナルティがあるためとても時間がかかる。
フェーベは平和的。ランディはランダム。ぬくぬくしたいならフェーベでもいい(唐突に襲撃来るからちゃんと備えようね)

降下地点

キャラバン活用の為に町人派閥や蛮族派閥の近く、道路の部分に降下。
作物が育ちやすくメジャーな温帯森林バイオームへ降り立つ。

ツンドラや砂漠などの極地は作物も木も無いので上級者向け。
温帯湿地も沼などで建築不能箇所が多く、病気に罹り易い。それ以外ならどこでもOK。

町人派閥や道の近くに降下するととてもキャラバンの交易がスムーズに行える。
他派閥と近すぎる場合ペナルティが発生するようになったので横付けは非推奨。
山岳や丘陵地帯は移動がとても遅くなるため、キャラバンが出しにくくなる。

開始地点詳細

最初の3人を選ぶ

格闘以外のスキルを3人で完全にカバーさせる。
健康で60歳以下。雑用や戦闘などの苦手な無い入植者を粘って探す。

三人で満遍なく情熱(炎マーク)をカバーさせる。雑用と戦闘の苦手なし、健康、60歳以下が採用ライン(病死や心筋梗塞・腰痛・アルツハイマー発病の危険性がある)。
個人的には情熱重視。このゲームのスキルは基本的に10Lvあれば一人前
精神過敏や欲張りなど性格が悪くても多少許容する。放火魔、美食家、ドラッグ中毒者は駄目。
有用な性格の入植者を選ぶのではなく、駄目な性格の入植者を弾いた方が絶対安定する。
キャラメイク時に選ばれなかった控えキャラクターはゲーム内で登場する(らしい、要検証)本当かな・・・?

最初の三人の選び方

いざ降下。物品の許可と優先順位

降下したら入植者に武器を装備させる。
周囲に資材が散らばっているはずだが、接触禁止状態なので許可しておく(Fキーや許可など)
優先順位の設定を詳細にして手動設定する。わからなければ簡易でも構わない。

優先順位はデフォルトだと情熱がない部分にもチェックが入っていたりとガバガバ。
始めたばかりは優先設定が上手くできず困ることがよくある(運んで欲しいのに運ばなかったり、作ってほしいのに作ってくれないなど)
大変だとは思うが慣れてきたら詳細を使っていこうね。
自動狩猟は思わぬ事故を引き起こしやすい。チェックを外して手動で狩りを行う方がいい。

コロニーの建設場所を決めて倉庫・キッチン・寝室を作る

間欠泉・肥沃な土地が近い場所をコロニー地点にする。できる限りマップ中央が好ましい。
許可した資材や周囲の木を伐りつつ倉庫・キッチン(食堂)寝室を作る。

肥沃な土地はトウモロコシなどの作物がとても育ちやすい。
間欠泉は最高効率の発電機「地熱発電」を作ることができる。
地熱発電が使用できない場合は、風力や太陽光など環境に発電量が左右される発電機などが主になるためムラが大きい。

アイテムは密室で屋根が張った場所でなければ劣化してしまうため、保管用の建物が必要になる。
適当なサイズの建物に備蓄ゾーンを設定する。
倉庫への扉は常時解放でも劣化しないが、冬場などは野生動物が倉庫に侵入し薬草や食料を食べてしまう。

寝室は個室が好ましいが、広く綺麗であれば共同寝室でもよい(ただし周囲で人が移動すると起こされて不機嫌になる
キッチンと食堂などは特に分ける必要はない。なんなら作業部屋や娯楽室も一緒にしていてもペナルティはつかない。
コンロ・食肉加工台設置。簡単な料理と食肉加工を設定する(食肉では虫の肉を捌かないようにしておくとよい)
椅子とテーブルが無いと「地面で食事した」のムード−が発生してしまう。
椅子は材料が少ないスツールでok。建設スキルと木材に余裕が出来たら後で一新しよう。
スチールはマップの資源量が少ないと直ぐに枯渇する。必要以上に使うと後々厳しくなる。
娯楽カテゴリの投げ輪を適当な場所に一つ作ってあげる事(室内でOK)

野草を採る。狩りを行う。畑を作る。

携行食料を禁止にして食べさせないように(非常食として温存)しつつ、
周囲の苺など野草を収穫し、簡単な料理を作って食べる。
腹に余裕が出来たら米かジャガイモ・木綿・ヒールルート(薬草)を栽培する。

マップ上に点在する野苺やアガベ(リュウゼツラン)は収穫する事で食料を得ることができる。
成育100%に近いほど収穫は増える。畑から食料が収穫できるまでは野草で飢えをしのぐ。
それでも食料が足りない場合は手動で攻撃し狩りを行う事。必ず複数人で狩りで行う
群れている動物は群れ単位で反撃する事があり非常に危険。群れからはぐれた動物を攻撃するとよい。
エミューは100%反撃と地味にヤベーやつ。
戦力に余裕がない場合はクーガー(大型肉食系)やサイ(大型草食)などは避ける事。
小動物を狩り過ぎると、肉食動物の餌がなくなって人を襲うようになる。
倒せるなら優先的に肉食動物を狩りたい。
動物関係

近くの肥沃な土地に農業ゾーン設定。
最初は直ぐ収穫できる米(肥沃な土地でない場合はジャガイモ)を作らせる。
食料に余裕が出来たら少しずつトウモロコシに切り替える事。
米は種蒔きと収穫の頻度が高く他の仕事に支障が出るが、その分栽培スキル上げにはもってこい。
他、木綿とヒールルート(薬草)も栽培。この時点でヒールルートは栽培スキルが足らずに種蒔きできないことが多いが、そのうち(一年経つ頃には)栽培レベルが上がって蒔けるようになる。

一年目は駄載獣などペットを飼う余裕がないとは思う。
適当な場所に牧草を蒔いて二年目の為に飼料を蓄えるのもいいが、地味に牧草も腐るため無駄になりやすい。

作業台設置。研究開始。

ストーンカッター作業台設置。石塊を石材に変える。
研究台設置。研究担当の研究優先度を上げる(数値的には低いほど優先)
初手"マイクロエレクトロニクス基礎"結構時間が掛かるから困る。

手が空いた入植者にストーンカッターで石切りをさせる。
ストーンカッターで生み出される石材は不燃で硬い良素材。
木製の倉庫は火事に弱いが、石製なら野外からの貰い火を避けられる。
デフォルト設定では距離無制限で加工を行うため、入植者が知らぬ間にコロニー外へ遠出してしまう。
石切り作業は優先順位での工芸に依存している。工芸スキルが低くてもなんら問題ない雑用みたいな扱いなので優先度設定4にでもして暇な入植者に作業させるといい。

研究項目は色々あるが七割は不要不急である。
研究はマイクロエレクトロニクス基礎でアンロックできるハイテク研究設備(要電力)が
ただの研究台よりも研究速度が速く優秀なので真っ先に取りに行く。
すぐに電化したい場合は「バッテリー」がオススメ。風力や火力発電機と合わせて使おう。
三人スタートでは放熱器やストーンカッターなどがアンロック済みだが、蛮族スタートではそれらを取りに行くことになる。
その後は「タレット」「地熱発電」を目指して研究を行う。

研究あれこれ

襲撃

しばらくすると宙族や蛮族が攻めてくる。
入植者を点在する石塊の裏に陣取らせ、射撃で迎撃する。
敵に張り付かれた場合は全員で近接攻撃を行い倒す。

最初の襲撃は1人2人と少人数。カバーしつつ銃で迎撃するだけで簡単に対処できる。
相手が遠隔武器を所持している場合は撃ち合いになるため、陣取りなどで戦術を要求される。
土嚢や石塊、壁の裏は回避率がグンと上がるためそこを陣取ると良い。
間違ってもカバーのない場所で棒立ちになってはならない。
射撃は稀に誤射が発生する。
味方が敵に組み付かれている際は、誤射しないように殴りで対処した方がよい。

襲撃者は徐々に(あるいは突然)人数が増えるため、防衛を疎かにしていると大変なことになる。
特にVer1.0は後半の襲撃がとても強いため、戦闘に慣れておかなければどこかで事故に繋がる。

囚人部屋を作る。囚人を捕まえる

襲撃者が倒れた際稀に気絶状態になる。
気絶状態の襲撃者は、囚人部屋に監禁し、説得する事で仲間に誘うことが可能。
健康で優秀な人材なら積極的に勧誘していく。
襲撃者以外も、墜落ポットの生還者やトレーダーなども監禁勧誘できるが、
派閥所属者の場合は友好度がガッツリ下がって戦争に繋がる。

密室状態でベットがある部屋は囚人部屋にできる。
気絶者を捕らえる。人間を逮捕する事で監禁できるようになり、
説得(囚人タブから雑談と勧誘)する事で勧誘可能。
成功率は部屋の綺麗さや囚人のムード状態に依存する為、囚人部屋は豪華で綺麗にしておく事。
椅子とテーブルが無いと地面で食事してムードが減る。
積極的に人数を増やしていきたいが、病気・部位欠損・厄介な性格・雑用や戦闘ダメなら服を剥いで放置していい。

一部屋に複数人纏めて収容できるが、脱走イベントが発生しやすいらしい(要検証)
脱走イベントは"何故か"扉を開いて囚人が部屋を抜け逃げ出してしまうイベントで、
落ちている武器があれば拾って装備し、途中入植者と接触すると戦闘が発生する恐ろしいイベント。

また、気絶した友好派閥や旅行者は医務室で治療を行う際、一定確率で仲間になる。
あくまでも確率なので絶対に仲間にしたい場合は囚人部屋へ。
囚人の勧誘は優先順位の"看守"の仕事。高い社交や"美しい"特性があると有利に働く。

病室を作る

清潔で明るい部屋では高品質な治療を行える。
それぞれの私室を一時的な病室に替えてもいいが、余裕があるなら複数人収容できる病室を作るといい。
明かりを設置し、血痕や土汚れを掃除させて出来る限り清潔に保つのが重要。
汚れがひどいと小さな傷でも感染症を起こしやすい。

部屋の汚さで感染症などのリスクが発生する。余裕が無くても手動で掃除させる事。

研究で病院用ベッドやバイタルモニターなどが作れるようになるが、治療だけならただのベッドでも影響ないため急がなくてもよい。
手術関係の成功率は低めなので、義体の移植を行う場合、バイタルモニターなどの底上げが重要になる。
また出来る限り最先端医薬品を使う事。医薬品だとLv10あっても失敗する印象。
他、フロアに抗菌タイルを使うと清潔さが向上する。こちらも要求資材が多めなので余裕が出来てから作る。

余談だが病室や私室が使えない場合は、適当な床に寝床を作り医療用指定にすればいい。ただし品質は落ちる。
これは戦闘などで大けがを負うなどで自力で病室へたどり着けない(時間が掛かってしまう)際に使うと、素早く治療を行うことができる。

夏と熱波

最初の15日が過ぎるころには畑を耕し研究にふける毎日で、
他の作業は人数が足らないで殆ど手付かずの状態になる。
夏になると温度が上昇する。熱波が発生した際は寝室や食堂に放熱器を置いて対処する。

序盤の研究はとても時間が掛かるため新しい技術の取得はしばらく待つことになる。

とても暑い気温・室温は熱中症を引き起こす。少しずつ進行しやがて死亡するが、
常温や冷えた部屋に入ると急速に回復してくれる。
パーカーなどは熱中症になりやすく、ダスターはなりにくい。

ほとんどの動物は熱波でも問題ないが、ホッキョクグマなど寒い地域の動物は熱中症の危険がある。
寒波の場合は鳥類爬虫類系が弱い為、飼育小屋には暖房器具が必要になる。


放熱器は15度まで温度を下げる優秀な冷房器具。効果が薄い場合は複数個設置する事。
クーラーであれば15度以下にできるが、食糧の冷凍保存以外での用途はない
砂漠やサバンナなど木に余裕がない際はクーラーでやり過ごす事になる。


入植者を増やす

序盤はとにかく人手が足りない(スキルは相互補完しても運搬や掃除が疎かになる)ため、人数増加が急務(ただし無能はないものとする)
気絶した襲撃者や遭難者を治療して説得。救援無線イベントなどで仲間を増やすなどで人員を増していく。

救援無線やキャッラバンイベントの囚人救出は、敵を倒す必要があるうえ、仲間になるキャラクターの能力値は運次第。
もし無能が仲間になった場合は即追放する事で、最小限のムード低下に抑えることができる。

吟遊詩人・貴族・アイドルなどの肩書はできない仕事が多いので、職業は必ず確認しておくこと。
脱出ポッドイベントは治療すると一定確率で仲間になる。確実に仲間へ引き入れる際は囚人として捕まえる事。

入植者の頭数を増やすのを最優先。シルバーに余裕があれば奴隷として購入するといい
Verβ19から襲撃者の気絶率が下がったため、中々囚人も捕まらず困る事も多いが
カサンドラ・ミディアムでは小人数だと"脱出ポット"イベントや入植者参加(強制)が発生しやすいので気長に待つと良い。
勧誘方法の詳しくはTipsの入植者の増やし方に記載。

衣服を作る

木綿の栽培や工芸担当の確保が出来たら衣服を自作する。
ミシン台を設置し帽子・シャツ・ズボン・上着を作る。
温帯地域はダスターコート・カーボーイハット。とても寒い地域はパーカーとニット帽を作る。

耐久度が50%を下回った衣服や、襲撃者の遺品の衣服にはムードペナルティが発生する。
余裕が出来たら適当に衣服を作り衣替えを図るといい。
売却する事でそれなりのシルバーにもなるため、序盤の資金源としても有効。
Ver1.0では動物の皮も潤沢に手に入る事もあってそこまで素材集めには苦労しない。

電化する

ハイテク研究設備やクーラーなどの使用には電力が必要になる。
風力・太陽光(要研究)・火力・地熱などの発電機から電力を供給する。
最初は木材に余裕があれば火力。そうでなければ風力を使っていくが、
最終的には間欠泉を利用した地熱発電に切り替えていく事になる。

夏、一通り建築や農地の確保が終わった辺りで電力を確保していく。
火力発電は木材さえあれば安定した電力を供給してくれる。
風力・太陽光はムラがあるため、常時供給にはバッテリー(要研究)が必要になる。

風力は範囲内に壁や木があると効率が格段に落ちる。
太陽光パネルや畑など広く平坦な場所に設置するといい。

家電と発電機・バッテリーとは電力線で繋ぐ必要がある。
家電からはコードが伸びるため、多少電力線から離れていても自動で繋いでくれる。
電力線は美しさ−の可燃物。できる限り壁に埋め込んでおこう。

冷凍庫を作る

食材や薬草、牧草などは消費期限が存在し、期限が過ぎると消滅する。
消費期限は冷蔵(10度以下)保存で伸び、冷凍(0度以下)で永久保存できる。

バッテリー研究が終わり電化出来ているなら、キッチン周辺に冷凍室(主に肉と料理の備蓄)を作る。
冷凍室はクーラーを使って温度を下げる。青が冷房・赤が廃熱。なので向きには注意。
大きさは20マス前後。あまり広く作り過ぎるとクーラーの出力を超えて一基では冷凍できなくなる。
大体夏場で-7度ほどが理想的。この温度でも出入りや熱波が来ると0度を越えて劣化が始まる。

冷凍室は壁を二重にするなどで熱の伝播を抑えることができるが、劇的な効果はない。
扉の開閉で熱が逃げるため、出入りが激しいとすぐに0度を上回ってしまう。開閉速度が速い自動扉がおすすめ。

じゃがいもの消費期限はおよそ15日と早いが、米やとうもろこしは倍以上も長持ちする。
期限が長いものは常温の倉庫に突っ込んでも問題ない。


防衛陣地を作る

二年目までに襲撃対策の陣地をなにかしら敷設する。
石材に余裕があるなら出入口の一、二箇所以外コロニーを石壁で囲ってしまえばいい。
出入り口に、入植者やタレットが待ち伏せできるような壁・土嚢のキルゾーンを作れば襲撃の対処がぐっと楽になる。
木材が余っているならデットフォール罠(消耗品)を作る。

Ver1.0では序盤の襲撃が貧弱なので防衛陣は遅れても大した問題にはならない。
中盤以降の宙族などは防衛陣を避ける襲撃をしてくるものの、蛮族相手の場合はクリティカルな働きをしてくれる。
キルゾーン(海外ではキルボックスが主流、らしい)はとても奥が深いので、他プレイヤーのを参考にするといい。

襲撃者がカバーするような木や石塊を取り除く事。
十字砲火できる場合はわざとカバーさせ、横から撃ち抜くのもいい。(ただしタレットは標的の指定が出来ない)
沼地や浅瀬などを利用する事で相手の行動を遅らせることができるが、そういった場所は陣地の構築自体が難しい。

襲撃規模とイベントの説明


寒波

大抵の地域は秋〜冬〜春にかけて寒波が発生する。
氷点下、大体-10度近くになると作物が死に始め、防寒具のないキャラクターが凍傷を起こし始める。
熱波と違い、凍傷は症状が悪化して倒れるより先に指がちぎれるなどエグイ状態になるので絶対に阻止する事。

作物が半端に育っているなら温度低下で死ぬ前に手動で収穫を指示して回収。
各寝室・作業場・食堂に焚火か電気ストーブを設置する。
ニワトリなど爬虫類は寒さに弱い。越冬させる場合は必ず部屋を温めて。

毛製衣服は耐寒性能に優れる。パーカー・ニット帽と合わせれば野外活動もできる。
衣服が揃っていない場合は野外活動を自粛するか、一定以上20%ほど症状が進んだ入植者を、徴兵して暖かい部屋に突っ込む事。


スチールとコンポーネント回収

電化製品の殆どはスチールとコンポーネントを使用する。
必然的に不足する為、トレーダーからの購入や、岩から露出したのスチールなどの回収が必要になる。
また、今後先進コンポーネントを作るための先進コンポーネントが必要になるため、4つほど購入しておくこと。

スチール、コンポーネント共にトレーダーはよく取り扱っているため入手は楽。
ただしスチールは一個一個がかなり重たい為、キャラバン隊での他派閥への訪問購入には限界がある。
自コロニーに来た際、多めに買っておくといい。

溶鉱炉は鉄くずや武器を溶かしてスチールを入手できる。
が、入手量は心許ない為、溶鉱炉に使った分のスチールを回収するにはやや時間が掛かる。

序盤からスチールの消費を抑えていても必ずどこかで不足する。不用意な電化(コンロ&織機)はやめようね!
後半の研究だが、深部ドリルマシンとスキャナーでスチール鉱脈を掘れば一気に解消される。
宇宙船などの研究より先にやっておくのが定石。

金策

ドラッグ・彫刻・衣服はそれなり値段で売ることができる。
これらで金策を行い、プラスチール・ウランなど宇宙船建造に必要な資材を集めていく。
余裕がある場合は、キャラバンの宝探しイベントも活用すると効率的。

多くのドラッグは前提となる研究や、ドラッグラボ作業台が要求されるが、高値で売却できる。
畑でサイコイドを栽培し、加工を行い売り払っていく。
ニュートロアミンはトレーダーからの入手に限られている。
他、副作用や中毒がヤバイ薬を作る際は"薬物適応方針"で使用を禁止する事。
ドラッグ中毒者が居ると問答無用で吸いまくって廃人になる。

彫刻は木材がいい。石・鉄は作業工程が多く効率が悪い。
よほど木が多量に自生する環境でもない限りは植林が必要。
一個一個が重たい為訪問販売にはやや不向き。

余った皮は織機に突っ込んで溢れた衣服を売るといい。効率は微妙。
木綿を使い過ぎないようにしないと、絨毯などが作れなくなりがち。
衣服を要求するキャラバンイベントはわりと達成しやすい(稀だが)ので狙うのもいい。

迫撃砲とタレット

コロニーが安定してきたら余った資材でタレットを作る。
防衛陣に配置して襲撃に備えよう。多ければ多いほど良いが、資材や電力の消費と相談して作る事。

包囲などの襲撃に対しては迫撃砲(要研究)での対処が楽。
二年目以降、突然襲撃が激化するのでぬくってはいけない

通常タレットは撃たれ弱いが数を揃えれば強力。ただし機械生命体やパワーアーマーの相手には装甲が厚く効果が薄い
オートキャノンタレットやウランスラグタレットは重装甲相手に有効なので、将来的に研究、設置する事。
ウランスラグは製造や弾の補充にウランが必要なので注意。

迫撃砲の榴弾"高性能炸裂竜弾薬"は精密工作機械で自作可能。バイオ燃料・スチールが要求される。
買うにろ作るにしろ出費は大きめ。ただし包囲襲撃相手には一番有効な対処を行うことができる。
一門の命中率はかなり悪い。複数門用意する事。

武器・装備を揃える

中盤以降、予期しないキルゾーン・キルボックス外での戦闘が発生しやすい。
装備のレベルが直で影響する為出来る限り良い武器を持たせたい。
これらは自作、襲撃者から鹵獲。方法はあるが、手っ取り早いのはトレーダーからの購入だろう。

包囲などで射程外から撃てる狙撃銃やレイルガンは射程が長いほど一方的に撃てる優位があるが、
接近させられた際は瞬間火力が不足しがち。
特に製品版でダメージが落ちた狙撃銃で統一しているとコロニー内乱戦で痛い目を見る。

重装甲相手に火力が出るチャージライフルなども揃えておくと機械生命体などに優位が取れる。
ヒット時に動きが低下する仕様になったため、効果値が高く威力も高い自動式散弾も地味に強い。
他にも使い捨てのランチャーや衝撃の槍などは奥の手としてとても重要なので常備する事。

パーソナルシールドはコロニー直下襲撃で盾にしやすい。
通常時でも扱いは難しいが一時的な囮にもできるので、出来るかぎり早く入手したい所。
カサンドラミディアムで二回ほどクリアした感想だが、相手の装備品質が悪い為チャージライフルなど上位武器はなかなか鹵獲できない。
よほど自己資産が膨れていない限りは購入か自作での入手に限られる。

駄載獣を飼う

キャラバン隊での移動の際、所持重量は大きく制限される。
マッファロー・ラクダなどは駄載が出来るため所持重量が大きく向上する。

一部の動物はキャラバン移動中に荷物を持ってくれる。商品や報酬の持ち運びには必須。
マッファロー・アルパカ・ラクダ辺りがオススメ。トレーダーから買うか手懐けて飼育する。
並行して牧草を栽培する。牧草が足りないまま冬になると、人間用の食糧を食い荒らされて一気に食糧難になる。

キャラバンクエストでAI人格コアを手にいれる

宇宙船の材料としてAI人格コアが必要になる。
こちらはキャラバンクエストの報酬でのみ登場する為、入手機会が完全に運に依存してしまう。
多少無理しても出来る限り取っておきたい。また、売れば結構な値にもなるので腐らない。

キャラバンクエストのイベントが来たら必ず確認する。
AIコア以外のイベントも、ジャケットx15(標準以上)など簡単な貿易クエストや、報酬がおいしい宝探し・バンディットハントは積極的に行うと良い(楽しい) β19では待ち伏せやバンディットの脅威などは比較的緩いため、全員で行かなくても何とかなる。
宇宙船防衛15日ラッシュ

宇宙船の電源を入れると、完全起動までの15日間敵の襲撃に耐える必要がある。
この間は二日〜三日に一度の襲撃頻度になり、同時に複数の襲撃が発生する事がある。
消耗戦を強いられるが、結果的に宇宙船と乗組員が守られれば勝利だ。

宇宙船パーツの"反応炉"から電源を起動する事が出来る。 宇宙船全体が出来上がっていなくても反応炉単体で起動できる。あらかじめ起動するのも時短になる。

耐圧冬眠カプセルの数は1つあれば十分で、全員搭乗させる必要はない。
コロニーメンバー全員分作るのは結構大変な作業になる。また、脱出メンバーはED後離脱する。

開始地点はどこがいいのか?

概要
極限の砂漠、砂漠、ツンドラ、大氷原、湿地以外の土地が良い。
冬季の温度が低い場合は、春と秋の段階で作物が育たなくなる可能性がある。
地形は好みの問題だが、極端な地形より緩やかな丘陵地帯で慣れてみるべきだが、道が無い場合はワールドマップ移動で時間が大きく掛かってしまう。

近くに他派閥のコロニーや道がある場所は優良物件。
すぐ横にコロニーを設営すれば日帰りで往復が可能。
ただし道路が無かったり山岳・湿地帯では隣であっても到着まで一日近い時間が掛かってしまう。



最初の三人の選び方

概要
格闘・掘削・調教・芸術を除くスキルを三人の入植者でカバーさせる事。
運搬・消火・戦闘・雑用が苦手な入植者は必ず悪影響が出る。
年齢は若いほど良い。病気や中毒に罹ってないかかならず確認すること。
放火魔・厄介者などの悪い性格を極力避ける。



優先順位と活動時間
概要
どの作業を優先して行うかの設定。
初期状態では簡易設定(チェック方式)になっている。最初はチェック方式で管理するのも良いが
入植者の増えたコロニーを円滑に運営させるためには詳細設定を施す必要がある。

活動時間は、どの時間帯にどんな行動をさせるかの設定。 性格"よたか"の入植者を夜中に働かせる。ムードが低い入植者を遊ばせるなどの用途があるが
通常の場合は初期値で良い。むしろ仕事の時間を設定している場合イレギュラーが発生する。





研究
概要
α18でタレットや上位電化品の開発に必要とされる研究が増えてしまったが
タレットや地熱発電機の優位性は相変わらずなのでそれを目指すのが一般的。

不要な研究を後回しにするだけで、序盤の立ち上がりが安定する。
マルチアナライザの為にトレーダーからゴールドを買っておくこと。


襲撃規模とイベントの説明

概要
一般的なRPGではプレイヤーが強くなれば楽になるのが一般的。
しかしRimWorldの世界では特殊で、プレイヤーが資産を増やすほど襲撃が強化される上
良いイベントが起きるほど悪いイベントが起き易く、有能な入植者が揃っているほど無能の強制参加率が高い。

入植者をマップの端などで作業させていると、襲撃発生時に巻き込まれてしまう可能性がある。
前回の襲撃から間の開いた期間などは、出来るだけコロニー外の作業をさせない、
長時間の野外作業は襲撃撃退後行うとこういった事故を防ぐことができる。

一部難易度では襲撃や襲撃後に単発凶暴化を起こすAIがある。


敵襲への対処

概要
襲撃が切欠でコロニーの運営が傾くことも多い。
被弾による死亡や負傷者が出ることで作業が進まず、痛みでムードも悪化してしまう。
最良なのは入植者が無傷で戦闘を終えることなのだ。

資源の無い序盤は無理してコロニー全体を囲う必要が無いが、
ある程度壁を使って侵攻経路を限定するなどをして有利な環境で戦えるようにしておくといい。
将来的にはキルゾーン以外は壁で覆ってしまい、高難易度の襲撃にも対処できるようにすること。


石材だけで出来るデットフォールトラップ通路を幾つか作っておくだけで楽に戦える(上画像)
大まかなキルゾーンの解説は防衛線・キルゾーンで解説

棒立ちで戦わず、壁か石塊の裏に隠れて撃ち合う。誤射だけは避ける事を覚えればグンと生存率が上がる。
襲撃規模が膨れ上がる前に電化し、タレットと防壁を配置できなければ辛い戦いを強いられる。
そのほかは防衛ページでガッツリ解説する。
α17で敵AIと装備が大幅強化されたため、早急なキルゾーン構築が必要になった。




動物関係

食糧事情
概要
カマドで作成可能な料理は、ペミカンを除くと常温では約四日で腐ってしまう。
一方、作物はじゃがいもでも2シーズンの間腐ることが無いため
足の速い料理を多く作りすぎて腐らせないようにする管理が必要。
クーラーを使った冷凍庫や期限の長いペミカンがあれば長持ちするが、
常温でも"Xに達するまで作成"を上手く使えば無駄に腐らせずにすむ。

また栽培での収穫が遅れている場合でも、マップに点在する野苺と狩猟である程度空腹を凌げるようになっている。


火事
概要
木製ではなく石製で建物を建てておくと火事がおきでも被害が出にくい。
コロニー外の火災であっても、木々が燃えてしまえば木材の入手が困難になる。余裕があれば消火すること。
コロニーゾーン内の火しか消さない思考なため、消したい場所をコロニーゾーンにすれば消火に向かってくれる。
逆に消さなくて良い場所は一時的にコロニーゾーンを外す事で、消火しないようにできる。
入植者がのんきに寝ている場合は徴兵→徴兵解除でたたき起こせる。


機械生命体
概要
一年を過ぎて順調に成長した初心者コロニーに最後の試練が訪れる。
恐ろしい能力を持った機械生命体連中は、しっかり対策を練った状態で戦わないと大怪我をしてしまう。
一見して相手にするには無謀な相手にも思えるが、一直線にコロニーを目指すためキルゾーンに誘導できる。
また、最短距離を通る事や体重が重いこともあってデットフォールを踏み抜きやすい。

通常の襲撃として登場する機械生命体はキルゾーンで対処が可能。
どれも射程が長いため、タレットや入植者の射程内に引きずり込むような構造が必要。
宇宙船からポップする機械生命体は一度に大量の相手をするためとても危険。
あらかじめ壁と土嚢。タレットとバッテリーで防衛陣形組んでから破壊すること。

カマキリのレールガンは高威力、高命中。うかつにカバーから動かしてしまうと、打ち抜かれて部位が吹き飛ばされる。
ムカデのガトリングと重ブラスターは距離を離すほど安全。散らばるため壁裏に隠れると効果的。
焼夷火炎弾が一番厄介で、囮役の足元に火がついた場合は速やかにその場から離れること。
弾速が遅いことを利用して発射を見て直ぐ移動させれば避けれないこともないが、あまり実用的ではない。


詳しい説明は防衛ページで記載

その他助言

人手は最優先
無能な入植者を仲間にするなと声を高らかにしているが、結局人手が多いほど効率が良い。
入植者が増えて暇になる入植者が出る場合は、上手く優先度を設定してやる事。
色々出来る入植者に料理をやらすよりも、料理しか出来ない入植者が優先的に料理を出来るような構築が大事。
とはいえ、モデルやアイドル吟遊詩人など何も出来ない奴は除外しよう。

捕虜を捕まえて説得し仲間にする。資金があれば奴隷商から人を買う。
ある程度であれば高齢や低性能でも仲間として迎え入れることが大事。
少数精鋭では戦闘時に人手が足りずに厳しい戦いになりやすい。

不要なものを作ってはいけない

どうでもいい作業台や精密機械を作り過ぎると、コンポーネントやスチールが不足する原因になる。
足りなくなった資材を購入や掘削などで再度入手できたとしても、資産価値が上昇して襲撃の難易度が上がってしまう。

バッテリーや自動ドアは貴重なコンポーネントを使用する上故障の対象になる。
必要性が薄い場合は大人しく木の扉や、火力発電所で我慢すること。

冷凍庫の大きさは適度に

冷蔵庫が大きすぎると、冷やすために必要なクーラーの数も増えてしまう。
クーラーはコンポーネントを消費する他、消費電力も大きめに設定されている。
食料備蓄量が少ない序盤から大きな冷凍庫を作ってはいけない。
需要と供給の管理が出来れば冷凍施設自体要らず常温でやりくりできる。(初心者には厳しいが)

武器の性質と品質から考える

グレートボウより火器の方が強そうに見えるが、品質が劣悪なピストルより名品のグレートボウの方が良い事もある。
ピストルの射程は短いため相手に近づく必要があるが、グレートボウの射程はそれなりに長いため離れて攻撃できる。
射程が短い武器の場合、囮がより前に出る必要ができてしまい、距離調整を失敗して事故がおきやすい。

動物は売る

動物を飼っている分、必要になる食料が増える。
また有効活用しようとするほど死亡時の絆ペナルティなどで厄介になる傾向がある。
操作や知識や経験が追いつかない、ゲームを始めて間もないプレイヤーは管理の手間に見合った恩恵を受け難い。
もし不要な動物が擦り寄ってきた場合は売ってしまおう。


厳し目な手術はナノマシーンで

α16から医薬品の性能が下がってしまった。
医学スキルや環境が整っていない場合の手術・摘出はナノマシーンを使うこと。


作業場には明かりを

たいまつは木材の燃料補給が必要になるため過剰に設置すると非効率。
ただし工作台やコンロ、治療などの行動は暗がりで行うと品質が悪化する。
寝室は暗くても問題ないが、ベットを作る際に低品質になりやすい。明るい部屋で作成し、再展示すれば解決。




クリア条件

RimWorldには二つのクリア条件が設定されている。
宇宙船建造と、キャラバン脱出の二つ。
最初に目指すとするなら様々な技術を触れられる宇宙船建造ルートが良いが、
場合によってはキャラバン脱出のほうが楽に達成できる。

また、エンディングが流れた後もゲームを無限に続けることが出来る。

テンプレ

テンプレ
概要